最高に自己満足な家」をモットーに、デザインだけではなく、耐震性や高気密高断熱を徹底した家造りを大切にしています。

住宅の価値は、招かれた友人でもなく、造った工務店でもなく、そこに住む人が実際に暮らして感じるものです。

細部にまでコダワリを持てば、そこには必ずストーリーや背景が生まれます。

そんな「コダワリ」を目一杯詰め込んだ、まさに最高な自己満足の住まい造りをさせて頂いています。

 

 

  • 和モダン / JAPANESE MODERN
    和モダン住宅は、素材やデザインに決まりはありません。
    形だけ和を取り入れても、それは和風の家です。
    交告建設が想う和モダン住宅は、和を「感じる」住宅です。
    一見、和の要素が無いと思う住宅でも、素材の組み合せや光の取り入れ方で出来る陰影。開口の切り取り方などで、和を感じさせる建築は可能です。
    伝統的な日本建築を取り入れ、現代的で実用性のあるモダン建築と融合させることも大切です。
    和風モダンの住宅は、古くから日本人が大切にしてきた、和の心と現代的な感性との調和ではないでしょうか。
  • スタイリッシュモダン/STYLISH MODERN
    スタイリッシュモダンとは、装飾を排除したデザインが特徴。
    やわらかな曲線ではなく、直線で構成されたシンプルなスタイルもポイント。
    木の「心地よさ」はそのままに、シンプルなラインに木素材ややさしい色合いでまとめるスマートなデザインの中にもぬくもりを感じるデザインスタイル。
    モダンに暮らす。シャープでシンプルなデザインを基本にコーディネート。
    装飾を排除した「レス」発想のデザインです。また、直線で構成されたシンプルな外観が特徴です。

わたしたちは、新住協の東海支部初期メンバーです。
冬は太陽熱を取り込み、夏は遮熱をすることで冷暖房エネルギー消費を従来の半分~1/10以下に抑えながら快適・省エネに暮らす事ができる住宅コンセプトが「Q1住宅」です。
Q1住宅は、住宅の断熱気密工法を30年以上前に日本で初めて研究・開発した(社)新住協により考案・推進されています。
交告建設ではその断熱気密工法を取り入れ、お客様が快適に過ごして頂ける家づくりをしています。

 

 

 

自然と一体化した建物

木が持つ自然の茶色と風景にマッチしていておしゃれで和モダンな住宅

作り上げる職人の技

「和」は我々日本人のDNAに織り込まれた特別な言葉です。「和」は日本の伝統のデザイン、価値観や感性です。特に感性は自身の身体から空間や時間を捉えるという我々独特のものです。伝統のデザインを取込むだけでなく、その感性をモダンライズされた空間の中に宿すということ、それこそ「和モダン」なのです。住む人の感性と空間が響きあう世界、それが交告建設のご提案する「和モダン」の住まいです。

最高に自己満足な家を納得のいく価格で

家づくりを考える上で、デザインだけではなく家相やリアルな生活導線を考慮した快適な住まいづくりを大切にしています。

お客様からの質問(Q&A)

実際にお施主様から頂いた、リアルな気になる質問

電話をかける